【入門 HTTP プロトコル】Status Code とは

スポンサーリンク

HTTP プロトコルとは

HTTP プロトコルとは、リソース(HTML ファイル、jpeg ファイル等)をやりとりするプロトコルです。

HTTP メッセージ

HTTP メッセージはサーバーとクライアントがリソース(HTML ファイル、jpeg ファイル等)を交換する手段です。

HTTP メッセージには次の2種類があります。

  • HTTP リクエスト:クライアントがサーバーにリソースを要求
  • HTTP レスポンス:サーバーがクライアントに HTTP リクエストの結果を返答
スポンサーリンク

HTTP リクエスト

HTTP リクエストは以下の3つの要素で構成されます。

  • 開始行
  • HTTP リクエストヘッダー
  • リクエスト本文

開始行

HTTP リクエストの開始行は次の3つの要素を持ちます。

  • HTTP メソッド
  • リクエスト対象
  • HTTP プロトコルバージョン

HTTP メソッド

HTTP メソッドは、リソース(HTML ファイル、jpeg ファイル等)に対してやりたい動作を表します。

HTTP メソッドには次の種類が存在します。

なお、よく利用するのは最初の5つなので、これだけ覚えておけば OK です。

HTTP メソッド説明
GETリソースを取得
HEADGET と同じレスポンスを求める。
ただし、「開始行」と「ヘッダー部分」のみ取得
POSTリソースにデータを送信。リソースの追記等に利用
(冪等性無し ※複数回実行するとリソースの状態が変わる)
PUTリソースを置き換え
(冪等性あり ※複数回実行してもリソースの状態が同じ)
DELETEリソースを削除
CONNECTリソースで識別されるサーバーとの間にトンネルを確立
OPTIONリソースの通信オプション
TRACEリソースへのパスに沿ってメッセージのループバックテストを実行
PATCHリソースを部分的に変更

Web ページを見る時は、「GET で Web ページを取得」・「POST で Web ページに入力した情報をサーバーに送信」しています。

リクエスト対象

リクエスト対象は、URL やパスやクエリ文字列等が記載されます。

以下の赤字箇所が「リクエスト対象」にあたります。

リクエスト対象の形式形式例説明
origin form・POST / HTTP/1.1
・GET /background.png HTTP/1.0
・HEAD /test.html?query=alibaba HTTP/1.1
・OPTIONS /anypage.html HTTP/1.0
一般的な形式
absolute formGET http://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/HTTP/Messages HTTP/1.1プロキシへ GET する際に利用
authority formCONNECT developer.mozilla.org:80 HTTP/1.1CONNECT で利用
asterisk formOPTIONS * HTTP/1.1OPTIONS で利用

HTTP プロトコルバージョン

HTTP のバージョンを示します。通常は HTTP/1.1 or 2.0 です。(2021年現在)

HTTP リクエストの開始行の確認

以下のコマンドで、HTTP リクエストの開始行を確認できます。

curl google.com/?hoge -v
> GET /?hoge HTTP/1.1
  • HTTP メソッド: GET
  • リクエスト対象: /?hoge
  • HTTP バージョン: HTTP/1.1

HTTP リクエストヘッダー

リクエストヘッダーには次の3種類が存在します。

ヘッダーの種類説明
リクエストヘッダーリクエスト本文のデータとは関係のないヘッダーHost
User-Agent
Accept-*
・If-*
・Referer
一般ヘッダー取得するリソースDate
Cache-Control
エンティティヘッダーリクエスト本文に適用Content-Type
Content-Length
Expires

HTTP リクエストヘッダーの一覧は以下のドキュメントに記載があります。(HTTP レスポンスヘッダーを含む)

Request header (リクエストヘッダー) - MDN Web Docs 用語集: ウェブ関連用語の定義 | MDN
リクエストヘッダーは、 HTTP リクエストで使用される HTTP ヘッダーであり、メッセージの内容には関連しないものです。 Accept, Accept-*, If-* などのリクエストヘッダーは、条件付きリクエストを行うことができます。他の Cookie, User-Agent, Referer などはサーバーが回...

以下では、よく利用する HTTP リクエストヘッダーについて説明します。

Host

Host リクエストヘッダーは、リクエストが送信される先のサーバーのホスト名とポート番号を指定します。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Headers/Host
curl google.com -v
> Host: google.com

ポート番号が指定されなかった場合は、要求されたサービスの既定のポート(例えば HTTPS の URL であれば443、 HTTP の URL であれば 80)とみなされます。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Headers/Host

User-Agent

User-Agent はクライアントのアプリケーション名・OS名等を示します。

curl google.com -v
> User-Agent: curl/7.54.0

Firefox で閲覧すると、User-Agent は以下のようになります。

Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.13; rv:68.0) Gecko/20100101 Firefox/68.0

Accept

クライアントが閲覧可能なファイルの種類を指定します。

curl google.com -v
> Accept: */*

なお、ファイルの種類は MIME タイプで指定します。

HTTP リクエスト本文

HTTP リクエスト本文は、リクエストで送信するデータです。

通常「GET」、「HEAD」、「DELETE」、「OPTIONS」はリクエスト本文がありません。(リソースを取得したり消したりするだけなので)

リクエスト本文は POST や PUT 等でリソースにデータを送信する場合に利用します。

curl --trace-ascii - http://google.com/ -XPOST -d 'user=hoge,pass=tech'
=> Send data, 19 bytes (0x13)
0000: user=hoge,pass=tech
スポンサーリンク

HTTP レスポンス

HTTP レスポンスは以下の3つの要素で構成されます。

  • 開始行(ステータス行とも言います)
  • HTTP レスポンスヘッダー
  • レスポンス本文

開始行(ステータスコード等)

HTTP レスポンスの開始行(ステータス行)は以下の3つの要素を持ちます。

以降では特に重要な「HTTP レスポンスステータスコード」と「ステータス文字列」について記載します。

HTTP レスポンスステータスコードとステータス文字列

HTTP レスポンスステータスコードとは、リクエストの成功や失敗等を示します。

HTTP レスポンスステータスコードは3桁の数字で表し、次のような意味を持ちます。

なお、3桁の数字の後ろにある文字列は「ステータス文字列」と言い、ステータスコードの意味を表します。

ステータスコード説明よく見るステータスコード
1xx情報レスポンス- (ほぼ見かけない)
2xx成功レスポンス200 OK
201 Created
3xxリダイレクト301 Moved Permanently
304 Not Modified
4xxクライアントエラー400 Bad Request
401 Unauthorized
404 Not Found
429 Too Many Requests
5xxサーバエラー500 Internal Server Error
502 Bad Gateway
503 Service Unavailable
504 Gateway Timeout
一覧はこちら https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Status

404 Not Found は URL を打ち間違えて見たことがある人も多いのでは無いでしょうか。

200 OK

200 OK は、リクエストが成功した場合に返すレスポンスコードです。

ブラウザで Web サイトが見れたら 200 OK です。

201 Created

201 Created は、リクエストが成功してリソースの作成が完了したことを表します。

REST API でリソースを作成した場合によく見かけます。

301 Moved Permanently

301 Moved Permanently は、クエストされたリソースが Location ヘッダーで示された URL へ完全に移動したことを示します。

古い Web サイトから新しい Web サイトに誘導する時などに見かけます。

304 Not Modified

304 Not Modified は、ページが更新されてないのでキャッシュを利用したことを表します。

同じサイトにアクセスすると見かけます。

400 Bad Request

400 Bad Request は、クライアント側のリクエストがおかしい時に表示されます。

401 Unauthorized

401 Unauthorized は、認証権限が不足している場合に表示されます。

他人のログインページにアクセスしようとすると表示されることがあります。

404 Not Found

404 Not Found はリクエストしたリソースを見つけることができない時に表示されます。

ページが削除されたり、URL のパスを間違えたりすると表示されます。

429 Too Many Requests

429 Too Many Requests は、ユーザーが指定された時間内に多くのリクエストを送信した ("rate limiting") ことを示します。

Public な API を短時間に叩きすぎると表示されることがあります。

500 Internal Server Error

500 Internal Server Error は、サーバーがリクエストを処理できなかった時に表示されます。

「とりあえずサーバーがおかしい」という原因がわかりにくく修正が面倒なエラーです。

502 Bad Gateway

502 Bad Gateway は、ゲートウェイまたはプロキシとして機能しているサーバーが上流のサーバーから無効なレスポンスを受け取ったことを示しています。

ルーターやプロキシやロードバランサー等、サーバーの前段を疑いましょう。

503 Service Unavailable

503 Service Unavailable は、サーバーが停止してたり、過負荷で動かない時に表示されます。

プロセスが稼働しているか?ハードウェアリソースが十分か?確認しましょう。

504 Gateway Timeout

504 Gateway Timeout は、ルーターやプロキシ等が必要な時間にレスポンスを得られなかったことを示します。

サーバー側の処理に時間がかかりすぎている可能性が考えられます。

開始行(ステータス行の確認)

curl http://google.com/ --head
HTTP/1.1 301 Moved Permanently
  • HTTP プロトコルバージョン:HTTP/1.1
  • HTTP レスポンスステータスコード: 301
  • ステータス文字列: Moved Permanently

HTTP レスポンスヘッダー

レスポンスヘッダーには次の3種類が存在します。

ヘッダーの種類説明
レスポンスヘッダーレスポンス本文のデータとは関係のないヘッダーLocation
一般ヘッダー取得するリソースDate
Cache-Control
エンティティヘッダーレスポンス本文に適用Content-Type
Content-Length
Expires

HTTP リクエストヘッダーの一覧は以下のドキュメントに記載があります。(HTTP レスポンスヘッダーを含む)

Request header (リクエストヘッダー) - MDN Web Docs 用語集: ウェブ関連用語の定義 | MDN
リクエストヘッダーは、 HTTP リクエストで使用される HTTP ヘッダーであり、メッセージの内容には関連しないものです。 Accept, Accept-*, If-* などのリクエストヘッダーは、条件付きリクエストを行うことができます。他の Cookie, User-Agent, Referer などはサーバーが回...

以下では、よく利用する HTTP リクエストヘッダーについて説明します。

Location

Location レスポンスヘッダーは、リダイレクト先の URL を示します。

curl http://google.com/ --head
Location: http://www.google.com/

「http://google.com/」の代わりに「http://www.google.com/」にアクセスしてください。ということを表します。

Content-Type

Content-Type レスポンスヘッダーは、リソース(ファイル)の種類を示します。

curl http://google.com/ --head
Content-Type: text/html; charset=UTF-8

文字コードが UTF-8 の HTML をレスポンスしたことがわかります。文字コードについては以下の記事をご覧ください。

なお、リソースを示す方法には以下の MIME を利用します。

Date

Date レスポンスヘッダーは、メッセージを発信した時刻です。

curl http://google.com/ --head
Date: Tue, 16 Nov 2021 12:48:38 GMT

「Tue, 16 Nov 2021 12:48:38 GMT」にレスポンスを返したことを示します。

Expires

Expires レスポンスヘッダーは、レスポンスの内容が古くなると見なされる時刻です。

curl http://google.com/ --head
Expires: Thu, 16 Dec 2021 12:48:38 GMT

「Thu, 16 Dec 2021 12:48:38 GMT」にレスポンスが古くなる(リソースが更新される)可能性があります。

Cache-Control

Cache-Control レスポンスヘッダーは、キャッシュについて記載します。

curl http://google.com/ --head
Cache-Control: public, max-age=2592000

max-age=2592000 なので、最大 2592000秒 = 1ヶ月キャッシュを利用します。

Content-Length

Content-Length は、レスポンス本文の長さをバイト単位で示します。

curl http://google.com/ --head
Content-Length: 219

レスポンス本文

リソース(ファイル)の内容が含まれます。

curl http://google.com/
<HTML><HEAD><meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=utf-8">
<TITLE>301 Moved</TITLE></HEAD><BODY>
<H1>301 Moved</H1>
The document has moved
<A HREF="http://www.google.com/">here</A>.
</BODY></HTML>

上記の HTML を Firefox 等のブラウザで表示すると以下のようになります。

「here」をクリックすると以下のページに遷移します。

コメント