OSI 参照モデル、TCP/IP 学習ロードマップ

OSI 参照モデル 階層名機能
L7アプリケーション層
アプリケーションごとの機能
L6プレゼンテーション層

データ形式の変換
L5セッション層

通信の開始から終了までを管理
(どの通信が1まとまりか?)
L4トランスポート層

通信の信頼性を確保
L3ネットワーク層

通信経路の選択
ネットワーク間の通信
L2データリンク層

直接繋がったノードの通信
L1物理層

ケーブルの形状
信号⇔ビット列の変換
L = Layer

OSI 参照モデル

【入門】OSI 参照モデル、TCP/IP モデルの説明と違いを解説

OSI 参照モデル OSI 参照モデルとは、通信に必要な機能を7つの階層に分割した以下のモデルです。 層 OSI 参照モデル 階層名機能イメージ画像L7アプリケーション層アプリケーションごとの機能L6プレゼンテー...
OSI 参照モデル

【OSI 参照モデル L1 物理層】イーサネットケーブルとは

物理層/ネットワークインターフェイス層 物理層とは、「有線/無線」や「信号 (電気・光・電波)」に関するルールを決める層です。 有線/電気 有線/光 無線/電波 イ...
OSI 参照モデル

【OSI 参照モデル L3 ネットワーク層】IP とは

ネットワーク層/インターネット層 ネットワーク層とは、異なるネットワークを接続する層です。 TCP/IP プロトコルでは、IP がネットワーク層に相当します。 IP(Internet ...
OSI 参照モデル

【OSI 参照モデル L2 データリンク層】イーサネットとは

データリンク層/ネットワークインターフェイス層 データリンク層とは、同じネットワーク内の直接繋がった機器と通信するための層です。 ネットワーク、LAN、WAN とは ネットワーク...
OSI 参照モデル

【OSI 参照モデル L4 トランスポート層】TCP/UDP とは

トランスポート層 トランスポート層とは、通信するアプリケーションを識別する層です。 アプリケーションの識別には、ポート番号という識別番号を使います。 ポートはプロセス単位。同じアプリケーションでも違うプ...